サイト内の現在位置

NEC未来創造会議

2nd Forum Archaeology
縄文社会から浮かび上がる“所有”以前のコモンズ

技術ではなく「世界観」が社会を変える
――縄文から弥生への変化から見えてくるもの

NECが2017年に立ち上げたプロジェクト「NEC未来創造会議」が、今年も進行している。人が豊かに生きる社会を実現するために2050年の未来からバックキャストしさまざまな有識者と議論を行うこのプロジェクトは「意志共鳴型社会」というビジョンを提示するとともに、現在は多くのステークホルダーとの共創活動を行なっている。

社会の発展と地球の持続可能性を両立し人々のウェルビーイングを達成するために、昨年本プロジェクトは新たな価値基準・共有財として「ニューコモンズ」という概念を提唱。2021年度のNEC未来創造会議は「コモンズ」を大きなテーマとして議論を展開させている。

コモンズという概念の歴史を振り返る第1回の有識者会議を受け、第2回は認知考古学の視点から縄文社会の研究に取り組む岡山大学の松本直子氏がゲストとして参加した。縄文社会から弥生社会への移行は人間にどんな影響を及ぼしたのか。狩猟採集をベースにした社会からいま学ぶべきことはなんなのか。『WIRED』日本版編集長・松島倫明によるモデレートのもと、NECフェロー・江村克己を交えて行われた議論は、単に縄文社会の文化を振り返るだけではなく、いま人間が取り戻すべき感覚を問うものとなった。

第2回有識者会議参加メンバー

  • 岡山大学 教授

    松本 直子 氏

  • 『WIRED』日本版編集長

    松島 倫明 氏

  • NEC フェロー

    江村 克己

技術ではなく世界観が変わった

松島:
前回に引き続きこれからのコモンズを考えるために、縄文時代や弥生時代の社会の価値観やその変化を考えることで、現代の価値観の変化について議論できたらと思います。「縄文」と「弥生」と聞くと、ぼくらはしばしば狩猟採集社会から農耕社会への変化を想起しがちですが、近年の研究ではもっと複雑な変化が起きていることが明らかにされています。まずは松本さんに、縄文から弥生への変化をどのように捉えるべきなのかお聞きできたらと思います。

松本:
近年デジタル化が進んだ社会像として「Society5.0」という言葉が使われていますが、縄文から弥生への移行はSociety1.0から2.0、狩猟採集社会から農耕社会への変化にあたるものです。世界史的に見れば世界中で同じようなステップアップが起きていたのですが、この変化は地球環境と密接に結びついていました。ホモサピエンスが誕生した20万年前の地球は氷期だったため寒く、人々はさまざまな道具をつくりながら世界中へ広がっていったのですが、氷期が終わって間氷期に入ったことで植物を育てられるようになったんですよね。結果として世界の各地で農耕や牧畜が始まることとなりました。

松島:
日本という地域に限った話ではなく、世界的に変化が起きていた時代だったわけですね。

松本:
こうした変化は技術や経済だけではなく、根本的な人間の世界観とも関係しています。そもそも農耕技術だけを考えるならば、縄文社会でも大豆や小豆が栽培されていたことが近年の研究で明らかになっていますから。技術だけではなく稲作儀礼などを含む新しい世界観が大陸から朝鮮半島を経由し日本に入ってきたことで、農耕社会への移行が進んだわけです。技術や生業は人間の世界観と一体になりながら変わっていくものなんですよね。新たに生じた変化のなかには、武器の存在も挙げられます。もちろん縄文時代にも狩りで使うための弓矢などはありましたし殺されてしまった人もいますが、人を殺めることに特化した道具はなかった。中国や朝鮮半島で農耕文化が育まれるなかで、武力で他者を制圧する世界観も生まれていたんです。

松島:
農耕文化と武力による支配という価値観はセットとなって日本に入ってきたということでしょうか。

松本:
そうですね。でも当時は人口密度も高くないですし、武力による制圧という考え方が入ってきたからといってすぐに戦争が頻発するようになったわけではないと思います。同じ遺跡から在来の伝統につながる道具と朝鮮半島の道具が一緒に出てきたこともありますし、大陸から弥生文化が渡ってきたことで在来の縄文文化が一掃されたわけでもありませんでした。武力によって文化が広がったのではなく、500年ほどかけてゆっくりと文化が広がっていき、大陸から来た人と在来の縄文人が同じ集団の中で暮らすなかで日本独自の弥生文化が生まれていったわけです。文化が広がり農耕技術が成熟すると食糧生産が増えて人口も増えていくので、実際に争いも生まれていく。変化は非常にゆっくりとしたものでした。

狩猟採集より農耕の方がリスキー?

松島:
そもそも農耕文化への移行は1万数千年前に起きたと言われていますが、なぜ人々はそこで農耕技術を採用しようと考えたんでしょうか?

松本:
まさにそこがわたしの研究領域でもあります。現代の感覚からすると狩猟採集より農耕の方がたくさん食べものを収穫できるから農耕が採用されたのだと考えてしまいそうですが、実際には狩猟採集から農耕への転換はかなりリスキーなんです。狩猟採集社会は自然の恵みを利用するので、海や川から魚を獲ることもあれば森でどんぐりを拾うこともあり、さまざまな種類の食べものを季節と場所に応じて収穫できる。たとえ干ばつや冷夏によってひとつの食物が獲れなくなってもほかのものでカバーできますし、食糧とバランスをとるために人口もそこまで増えないよう調節しているので社会が壊滅的な打撃を受けることは少ないでしょう。しかし農耕は本来多くの恵みを得られる森を切り開いて畑や田んぼに変え、農作物を育てている間は何も得られないので以前収穫したものを貯蔵して食いつながないといけない。その状況で疫病や干ばつに見舞われると多くの人が飢えてしまう。ヨーロッパで発掘された人骨を見ると狩猟採集より農耕の方が健康度も下がって体格も悪かったことが明らかになっています。本来ならさまざまな食物から麦や米を主食にすると栄養バランスも崩れますし、農耕社会は同じところに住みつづけるので環境も悪化しやすいんですよね。人口が増えると病気も流行りやすくなってしまいます。

松島:
個人の健康だけ見れば、農耕を始める方がリスクは高いわけですね。ますます不思議な変化のように思えてきました。

松本:
ただ、人間は単純な損得だけではなくいろいろなところに魅力を感じて物事を判断する存在です。たとえば農耕を始めると豊作のときは喜びを感じられるでしょうし、安定して穀物をつくれるようになるとお酒もつくれるようになって、お祭りのときにみんなでお酒を飲んで楽しめる。当時の人々にとってはそういった新しいライフスタイルが魅力的だったのかもしれません。