サイト内の現在位置

NEC未来創造会議

2nd Forum SOCIETY
経済成長と地球の持続性を両立する社会の在り方

資本主義という“ゾンビ”化したゲームからの脱出
──「人の意識」から次なる価値軸が見えてくる

これまでと異なる「ゲーム」をつくる

松島:
つづけて、ふたつめの問い「経済成長と地球持続性の両立という目標を個人個人が自分事として捉え、主体的に行動していくためには、どのようなアクション・枠組みが必要か?」に移ります。まずは数百年にわたって資本主義というシステムのなかで生きてきた人間が、脱成長や新しい発展のあり方などこれまでと異なるマインドへとシフトできるのか考えていけたらと。資本主義に持続可能性がないことはわかりつつも、現実的には少なからぬ人が資本主義のゲームへと戻っていかなければ生活できない状況にあります。どうすれば一人ひとりが主体的にアクションを取りながらこの状況を変えていけるのか伺いたいです。

斎藤:
失業する人や家賃を払えない人も増えているなかで私が「脱成長」を掲げると「あいつは大学教授だから現実を見ていないんだ」と必ず言われるのですが、むしろこれまでの「現実」こそがおかしかったのだと思います。多くの人が必死に働いているのに、少し仕事がなくなっただけで家がなくなったり子どもにご飯をあげられなくなったりするのはおかしいはずです。資本主義のなかに浸かりきっていると、現実のおかしさに気づけなくなってしまう。気候変動やパンデミックなどさまざまな問題が起きているにもかかわらず、経済成長しないと豊かになれないという発想に囚われつづけていることの方がおかしいわけで。

松島:
まずはオルタナティブな豊かさに一人ひとりが気づく必要がある、と。その点、ポートランドでは以前から多くの先進諸国とは異なる豊かさや幸せが追求されていると思うのですが、なぜ人々は新たな価値へと考え方をシフトしていけたんでしょうか。

山崎:
歴史を遡ると、ポートランドはもともと自分たちで土地を開拓してみずからの経済圏をつくる、自由を求めている人たちによってつくられた場所なんです。だからもともとオルタナティブな文化があって、とくにニューヨークのような東海岸の大都市がつくってきた“ゲーム”とは違うゲームを始めようとしている。ぼくたちはゲームチェンジャーで、これまでの大都市とは異なるサステナビリティや“マザーアース”のために生きるゲームを考えているんです。結局ぼくたちが地球によって生かされているのだとすれば、いつまで資本主義のゲームをプレイしつづけるのか考えなければいけない。ポートランドの人々は、むしろ地球にいいことをすればポイントが上がるようなシステムをつくったほうがいいと考えているわけです。

『WIRED』日本版編集長 松島 倫明

経済成長、持続可能性、人の意識

江村:
ゲームチェンジというのは面白いですね。NECも最近パーパスを設定しなおして、利益や効率を追求するのではなく、持続可能社会をつくることを目的にしなおそうと議論し始めていて。本来企業はそれぞれの目的をもっているはずなのに、資本主義のなかでは利益を最大化する方向へとつい進んでしまうんですよね。だからパーパスを改めて定義しなおす必要があるし、それを大事にする企業は増えている気がします。本当はそのパーパスに共感できるかどうかで働く企業も選ぶべきでしょう。街も同じだと思うんです。ポートランドの理念や特徴があって、そこに共感した人が住んでいる。日本はポートランドと違って、地方創生を掲げていても個々の街の特徴を挙げるところが少ないですよね。その街で何がしたいのか、何ができるのかを明らかにしないと、都会の人が移住するインセンティブが生まれづらい。

松島:
都会と同じゲームを小さな規模で繰り返すだけになってしまう、と。

江村:
そうですね。NECもスマートシティに向けた技術を提供してはいますが、本来はどう街を“スマート”にするのか考えなければ意味がない。異なる価値観の街がたくさんできることで、コモンみたいなものもつくりやすくなるのかもしれません。

松島:
そうならないと人の移動も生まれないですね。

江村:
もっとも、仕組みや技術だけではなくて、あくまでも人に寄り添うことが重要です。今年のNEC未来創造会議では経済成長と持続可能性を軸に議論を進めていましたが、もうひとつ「人の意識」という軸をつくったほうがいいと思っていて。経済成長をよしとする価値観と、持続可能性の実現によって充足する価値観があるとすれば、単にそのふたつを両立させるだけではなくて、両立した上で人の意識=ウェルビーイングの軸を高めていけるような社会を本当はつくりたいんです。最終的にはちゃんと一人ひとりが豊かな生活を送っていけるような指標を考えなければいけないですよね。

“ゾンビ”となった資本主義

松島:
経済的には成長しているけれど、人々のウェルビーイング度はまったく上がっていないという恐ろしい統計も出ていますよね。生活の充足度がまったく上がっていかない状態で幸せの価値観をずらしていくためには、人の考え方や社会の仕組みなどどこから変えていくのがよいのでしょうか。

斎藤:
ぼくはいまこそ哲学や思想が重要になると思っています。日本はこの数十年で物質的には豊かになりましたが、それ以外の幸せに対するイマジネーションが貧困になってしまった。いまの日本は消費主義的なライフスタイルに浸っていて、便利さが豊かさとなってしまった。でも、24時間いつでも開いているコンビニでお酒を買ってストレス解消しなければいけない社会の方が実は貧しいですよね。もちろんいまはウェルビーイングなどべつの幸せの概念がビジネスの世界でも議論されるようになっていますが、企業はこれまでの価値観をリセットして考えなおさないとやばいと思うんです。自由とは何か、人間とは何か、よき生とは何か……改めて考えていく必要がある。

松島:
先程グレタさんの話もあがったように、若い世代の価値観も変わってきていますよね。

斎藤:
彼女たちの世代はこれまでのような経済成長を前提としていないし、むしろいまの資本主義に対して怒っている。これからそんな考え方がマジョリティになっていきますから、企業も彼/彼女らの価値観を取り入れながら新陳代謝を繰り返さないといけません。でも、いまの日本社会ってこれまでのモデルにひたすらしがみついている。ぼくは新自由主義や資本主義はある種の“ゾンビ”になり始めていると思うんです。みんなでゾンビに必死にしがみついて、なんとか延命しようとがんばっている。でもそんなことをしていたら、20年後や30年後に世界から完全に取り残されてしまうのではという危機感を覚えますね。