サイト内の現在位置

NEC未来創造会議

1st Forum INDIVIDUAL
人生100年時代を豊かに生きるキャリア構築

社会の多様性と地球の多様性はつながっている
──テラフォーミングから考える持続可能性のかたち

STEAMの“A”が意味するもの

松島:
ふたつめの問いは「社会全体と自分」ということで、持続可能な社会をつくるために、「自分以外の存在」と「共存しながらサバイブ」するには何を考えるべきなのか議論できたらと思っています。キャリアの構築というと得てして自分のことだけを考えてしまいがちですが、個人のキャリアと持続可能な社会をつなげていくためのパースペクティブについて考えたいと思います。中島さんは日本でSTEAM教育を推進されていますが、教育のなかで、個と社会性や種の共存やつながりについてどう考えられていますか?

中島:
STEAM教育って、個の創造性を個だけじゃなくて他者の創造性との掛け合わせによって生み出せるものだと思うんです。なのでコンペティションとしての競争ではなくて、クリエイションとしての共創が生まれている。21世紀の学びは世界的にもそちらにシフトしていると思います。単に効率よく正しくできることはもはや求められなくなっていき、より俯瞰的に世界を見ながら自分でアイデアやコンセプトを生み出す力が重要になっていく。それは子どもも大人も変わらないことで、それこそ人生100年時代ならいつでも感度は磨けるので、大人も一緒になって考えていける場を増やしていきたいと思っていますね。

松島:
創造性を発揮することで、個を抜けて社会全体へつながっていくわけですね。STEAM教育がSTEM教育にアートをくわえていることは、個と全体のつながりとも関係しているのでしょうか。

中島:
ひとくちにアートといってもいろいろな定義がありますが、MITメディアラボの石井裕先生が仰っている、問いや未来、ビジョンをつくる力が重要だと思っています。あるいはコンセプトやストーリーをつくる力といってもいい。海外で「アート」と言われるときは、比較的そういうふうなものとして捉えられていますよね。もちろんいまの時代は科学も数学もエンジニアリングも面白いですが、さまざまなスキルをもっている専門家をかけ合わせて新しいものを生み出そうとすると、コンセプトやストーリーを磨きつづけていくことがすごく重要になってくる。それがSTEAM教育のAなのかもしれません。

つねにコンテキストを意識すること

片野:
組織ってなにか目的やコンテキストを共有しているから組織になると思うんですが、個人の自律性がない状態で組織をつくると誰かのコンテキストについていくだけになってしまう。人のコンテキストの受け売りになってしまうし、そのうちみんなが似たようなことを言っているけどそのコンテキストが誰のものだったのかもわからなくなってしまいますよね。いまぼくが所属している研究所でも、頻繁にコンテキストチェックをしましょうといわれていて。たとえば研究費をとってくる際もお金のソースはどうなってるのか、その会社の活動はどう成り立っているのか、いろいろな要素を議論していくことで、自分たちのコンテキストにマッチしているかどうかを確認していく。それがなければ、優秀な人が何人集まっても衆愚化してしまうんですよね。コンテキストに沿ってマネジメントする必要がある。それぞれの個性を引き出して共有することで、自律性を担保したまま組織の全員が溶け合っている状態こそが、集合知の能力が最大に発現する状態だなと感じます。

松島:
組織という点では、NECグループは11万人の社員がいるなかで、片野さんが仰っていることを実現しないといけないわけですよね。

江村:
いまいろいろな企業がパーパスについて語るようになっていて、自分たちが何をする企業なのか表明しようとしている。NECを振り返ってみても、ものづくりの企業だったときはつくるものも決まっていたしやることも決まっていたので、同じことをしっかりやれる人がいればよかった。でも、ただ決まったことならロボットやAIがやればいい時代になると、新しい価値を生み出していくためには多様な人たちがある目的に向かってお互いをリスペクトしながら進んでいくような形に変わっていかないといけない。一人ひとりの意識がそちらに向かわないといけないし、いろいろな人のいろいろな役割を理解しながら自分ができることを考えなければいけませんね。そのうえで企業全体としてどこに向かっていくのかがいま問われているのかなと。

持続可能性のためのテラフォーミング

松島:
江村さんの仰っていることは、日本の大企業のみならず日本社会全体の課題でもありますね。おふたりは多様性や持続可能性という観点では日本社会をどうご覧になっていますか? たとえば片野さんは生物学研究の民主化を進められていますが、その先にはどんな社会価値がありうるのでしょうか。

片野:
生物学研究の民主化ってテクノロジーの民主化だと思われがちなんですが、手法はどうでもよくて、大事なのは生物多様性を認識できるようになることだと思っています。自分の体がどう動いているかさえみんなあまり知らないと思うんですよね。いま自分のまわりにどんな生物がいるのかみんな忘れているけれど、たとえば空気中の微生物を認識できるようになればいろいろな気付きがえられる。それってすごくワクワクすることで。生き物に関わる問題って山程あるので、大きな世界の話だけではなくて、裏庭の草の影になにかいるとか、手が荒れてるとか、身近な問題を解決できるすべを自分自身で見つけられるかもしれない。

松島:
そこに気づくために、テクノロジーが重要になるということですね。

片野:
そうですね。ただ、すべて機械に自動化させると人が気づけるチャンスを奪ってしまう。人間が自律性を失ってしまうわけです。いま循環型の社会に移行するためにいろいろなことを諦める必要があると考えている人も多いですが、実際はそんなことなくて、生物の多様性を上げないとビジネスの持続可能性もなくなってしまうでしょう。ただ、自然の生態系って部分最適に陥りがちなのが問題で。たとえばいわゆる原風景を保存するのって環境全体の多様性としてはあまりプラスに働かないんです。本質的な持続可能性を議論するためには、地球の環境が変わることを恐れずテラフォーミングを行なうくらいの変化を起こしていかなければいけない。バイオロジーやエコロジーの上に社会があって、経済がある。そのピラミッド構造を認識しないと意味がなくて、社会や経済だけの持続可能性を見ていてもどこかで立ち行かなくなっていくと思います。