サイト内の現在位置

NEC未来創造会議

4th Forum LEARNING/UNLEARNING
2050年に向けた“学び“と”挑戦”

「学び」とは、受動的なもの
──身体性から考えるつながりとテクノロジー

NECが2050年の豊かな社会の実現にむけて始動したプロジェクト「NEC未来創造会議」。2017年に始まったこのプロジェクトは、テクノロジーや人の意識といったさまざまな観点から国内外の有識者との議論をつづけてきた。

2018年度にNEC未来創造会議は「意志共鳴型社会」なる2050年に目指すべき未来像を提唱。社会に蔓延する「分断」を乗り越え、人々が意志を共鳴させられる社会をつくるべく、さまざまなステークホルダーとの共創活動に取り組むなど、社会実装に向けた活動も進行中だ。

これまで積み重ねた議論をさらに深化させるべく今年度設定されたのが「RELATIONSHIP」「EXPERIENCE」「VALUE&TRUST」「LEARNING/UNLEARNING」という4つのテーマ。各テーマに沿ってさまざまな有識者を招聘しながら、議論はときにテーマに縛られず広がっていった。

第4回有識者会議参加メンバー

  • 美学者/東京工業大学リベラルアーツ研究教育院准教授

    伊藤 亜紗 氏

  • 文化人類学者/岡山大学文学部准教授

    松村 圭一郎 氏

  • 『WIRED』日本版編集長

    松島 倫明 氏

  • NEC フェロー

    江村 克己

2019年度の有識者会議が、いよいよ最終回を迎える。「RELATIONSHIP」「EXPERIENCE」「VALUE&TRUST」をテーマに掲げてきた第1〜3回の会議を経て、「LEARNING/UNLEARNING」をテーマにした第4回の会議が行われた。デジタルテクノロジーによって人と人の関係性や体験、信頼が変わっていくなか、わたしたちはいかなる未来を目指すべきなのか。

新しい何かに出会い、挑戦するために、わたしたちには「学び」が必要だ。しかし学びとは単に知識を吸収することではないし、ときにはUNLEARNINGこそがLEARNINGへとつながることもあるだろう。そもそも人が何かを学ぶとき、そこでは何が起きているのだろうか。よりよい学びのためには、何が必要なのだろうか。

今回の会議も参加人数は4名。美学を専門としながら近年は障害を通じて身体のあり方について深い思索を行なう伊藤亜紗氏、昨年度の有識者会議にも参加し文化人類学の観点からNEC未来創造会議に刺激を与えつづけている松村圭一郎氏、そしてNECフェローである江村克己が参加し『WIRED』日本版編集長の松島倫明氏がモデレーターを務め議論を繰り広げた。「身体性に根ざした個や社会の固有性とは何か?」と「デジタルテクノロジーは他者をいかにデータではなく固有性をもつ個人や社会として捉えることを可能にするか?」というふたつの問いについて考えるために、まずは身体性や固有性について考えなおすことから議論は始まった。

偶然を引き受ける固有性

松島:
今回は「LEARNING/UNLEARNING」をテーマに、過去3回の会議で積みかさねてきた議論をさらに深めていけたらと思っています。ここまでの議論を振り返ってみると「身体性」や「固有性」がキーワードといえそうですが、江村さんはどう感じますか?

江村:
これまでの会議を通じて、テクノロジーやデジタルとは違う方向から議論を始める必要があるなと感じています。たとえば、第1回「RELATIONSHIP」で大阿闍梨の塩沼さんがお寺のそこはかとない雰囲気は五感だけでなくいろいろなものを全体で感じているのに視覚だけ切り出してデータ化するというように、デジタルはわかりやすくする方向に向かいがちです。

伊藤:
たしかにデジタル化とは、人間が恣意的な基準によって世界を分割し、操作可能なものにする作業ですよね。言語もある種“デジタル”なものですし、「五感」も本来はすべて統合して捉えているものを恣意的に5つに分けているにすぎない。

松島:
伊藤さんは自著のなかで身体の記憶やローカリティについて書かれていますよね。

伊藤:
身体の固有性について考えるとき、理論化によって抽象的な身体を立ちあげがちです。しかし身体には抽象化できない固有な部分があって、それは「歴史」と呼ぶべきものだと思っています。たとえば偶然落ちてきた隕石によって恐竜が絶滅するように、歴史には論理的に説明できないことがたくさんある。同じく身体にも病気や事故が絶えず偶然に与えられていて、それを本人が引き受けて必然化していくことが人生だといえるでしょう。その点、とくに障害をもたれている方は固有性の求心力が強いなと感じますね。

松島:
なるほど。では、あまり自分の身体に自覚的でない人は自己探求できていないといえそうですね。

伊藤:
ただ、自覚できている部分なんて大したことないので、身体は勝手にトライアンドエラーしながら学んでいることもありますし、こうしようと意識してやっても思い通りにならないこともしばしばです。ままならなさを含めて体と関わってきた歴史が、その人の固有性になるのではないかと思います。

分断とはつながりの証拠

松島:
他方で、松村さんは文化人類学の領域から「つながり」などについても書かれています。インターネットやSNSによって社会や世界はつながっているといわれますが、松村さんはこうしたつながりにおける身体性はどのように捉えていらっしゃいますか?

松村:
よく「つながり」の反対に「分断」があると言われますが、分断があると思うのはつながっている証拠だと思います。分断されている相手なくしては憎しみや嫌悪感も生まれないわけで、分断されているのではなくものすごくつながって見えている状況がある。「つながり」という言葉の捉え方を考えなおしたほうがいいのかもしれません。それにわたしの身体もわたしだけで完結しているわけではない。伊藤さんが書かれていますが、吃音もわたしの身体が反応しているというより、状況や相手次第で出る場合と出ない場合があるんですよね。固有性が溶けてしまうような出会い方があるというか。

松島:
インタラクションのなかで変化していくわけですね。

松村:
一方で、日本人と外国人みたいに分けて固有性を強化するような出会い方もある。変化に開かれている出会い方と、お互いの凝り固まった立場を強化する出会い方、どちらもつながってはいるのですが動き方は異なっています。

江村:
おふたりのお話を伺って、インターネットのつながりはあまりマルチモーダルではないのだと感じました。どうしても効率重視になってしまうというか。われわれはデジタルテクノロジーで便利な生活を手に入れる一方で、人間としてもっていたものを削ぎ落としているのかもしれません。

松島:
デジタルテクノロジーによって見過ごされているものをあぶりだせるといいですね。

江村:
大阿闍梨の塩沼さんが簡単な道ではなく険しい道を進めと仰っていたように、デジタルテクノロジーは便利で簡単そうな道をつくるのではなくて、たとえ難しくても使っていくうちに人間が成長していくようなものでなければいけないのかなと感じますね。

外部への「畏怖」を取りもどす

松島:
つらそうな道を選ぶほうが最終的に体験の質は上がるわけですよね。ただ、どうやったら人間はそちらの道を選んでいけるんでしょうか。

伊藤:
難しいですね。今日のテーマの「学び(LEARNING)」から考えてみると、最近よく学びは受動的ではいけないと言われますよね。大学の講義も先生がひたすら話すのではなく、学生にどんどん発信させて双方向の授業を行なう方向に変わっています。ただ、能動的にできることって意外と大したことないと思っていて。受動的な学びの先に能動的な学びがあって、その先にもう一度受動的な学びがある気がしています。

松島:
三段階あるわけですね。

伊藤:
たとえば交通事故や病気を通じて健常者の身体ではなくなると、障害という降ってきた条件を引き受けてもう一度自分の身体を学ばなければいけない。そして身体を再発見していく。これは健常者の身体をUNLEARNINGして、身体を学びなおして獲得する過程といえるでしょう。人間が考えられる範囲を“世界”と捉えてしまうと、想定外の物事に対する想像力がどんどん貧困になってしまう。だから、自分ではコントロールできないものがあるという畏れみたいなものをいかにテクノロジーと結びつけていくことが重要だと思っています。

松島:
テクノロジーは外部への畏怖を奪ってしまう、と。

伊藤:
困難な道がなぜいいかといえば、想定外のことがたくさん起きるからでしょう。だからこそ学びが生じる。それは能動性のなかに受動性が入っているから成長するのだともいえます。

松村:
なぜ受動性が学びにつながるかといえば、自分が強いられている状況を見ざるをえなくなるからだと思います。調和に向けて手探りで探索していくことを強いられている。他方で、主体的に学んでいくのは知識が蓄積して一定の目標に到達するような考え方でしょう。

松島:
カリキュラムのようなものをクリアすることが求められていますよね。

松村:
そうです。でも、受動的な学びとは、自分がいかにできていないかに向き合いながら手探りしていく方向に向かわざるをえない。みなさんも経験があると思うんですが、大学の授業で先生が何を言っていたかなんてほとんど覚えていません。どちらかといえば、自分ができなかったことばかり覚えていますよね。本を読むのが好きだったけど難しくてぜんぜん読めない本に出合うとか、文章を書くのが好きだったけど先生から文章を真っ赤に修正されるとか。「できない自分」から学びが駆動されていくので、自分のできなさを一度引き受けなければいけない。だから「学び」は獲得して蓄積していくようなアクティブラーニングだけではなくて、引き受けるものといえるはずです。

伊藤:
パッシブなものだと。

松村:
自分のできなさに向き合いつづけなければいけない。やはりそれはLEARNINGだけではダメで、つねにUNLEARNINGがある。できないことの空白を埋めるためにわたしたちは学びに導かれるという観点から、受動性やLEARNING/UNLEARNINGを考えられるかもしれないですね。