サイト内の現在位置

NEC未来創造会議

1st Forum RELATIONSHIP
“わたし“と”わたしたち“の「分断」をいかに乗り越えるか?

分断を解消し、ウェルビーイングを実現する
──テクノロジーは効率化から脱出できるのか?

シンギュラリティ以後の2050年を見据え、テクノロジーによって社会・経済・文化が大きく変わっていくなか、わたしたちはどのような未来を目指すべきなのか。実現すべき未来とそのための課題を解決する方法を構想すべく、NECは「NEC未来創造会議」を2017年度から実施している。

NEC未来創造会議では、「人が生きる、豊かに生きる」ためには“AIを中心とした技術開発”だけではなく“人の意識向上”の両面に取り組むことが重要だと捉え、国内外の実にさまざまな分野の有識者を招いて議論を重ねてきた。昨年度までの有識者会議を通じて、人とAIの特性を相互理解することから始めることの重要性、さらに、さまざまなレイヤーで発生している「分断」がわたしたちの直面している課題の本質にあるという議論に至り、それを乗り越えて実現されるべきビジョンとして「意志共鳴型社会」を提示してきた。

今年度はさらに議論を深め、その内容を社会に実装していくために、「RELATIONSHIP」「EXPERIENCE」「VALUE & TRUST」「LEARNING/UNLEARNING」という切り口をもうけ、全4回にわたり有識者会議を実施する。各回では法学者から僧侶、ゲームクリエイターまで、テーマに沿った有識者を招聘する予定だ。

第1回有識者会議参加メンバー

  • 情報学研究者/早稲田大学文化構想学部准教授

    ドミニク・チェン 氏

  • 慈眼寺 住職 大阿闍梨

    塩沼 亮潤 氏

  • 『WIRED』日本版編集長

    松島 倫明 氏

  • NEC フェロー

    江村 克己

2019年度の初回となる第1回有識者会議のテーマは「RELATIONSHIP」。近年「分断」という問題が取り沙汰されることが多いが、とりわけ個人(=私)と社会(=公)の間の分断を紡がなければ一人ひとりが豊かに生きていくことは難しいだろう。

この分断を乗り越えるうえでキーとなるのが、個人と社会の間をつなぐ「コミュニティ」だ。一人ひとり異なる価値をもち多様化する個人(ダイバージェンス)とあまねく人々が集中する社会基盤(コンバージェンス)の両立は、コミュニティをうまく設計することで可能となるのかもしれない。

第1回有識者会議に参加したのは、大阿闍梨・塩沼亮潤氏(慈眼寺)と情報学者のドミニク・チェン氏(早稲田大学)、『WIRED』日本版編集長の松島倫明氏、NECフェローである江村克己の計4名。個人と社会基盤、コミュニティと3つのレイヤーをめぐり、「コミュニティは個人と社会の分断を埋められるのか」「コミュニティを実装するうえで意志の共鳴はいかに引き起こせるのか」というふたつの問いをめぐって議論が展開された。

数値化する社会、意識でっかちな人々

まず初めにテーマとなったのは、「コミュニティは個人と社会の分断をいかに紡ぐことができるか」という問いだ。近年指摘されることの多い分断のなかには、テクノロジーが「効率化」を加速させたことで生じているものもの少なくない。近代化が社会基盤を整備し恩恵をもたらす一方で、コミュニティの解体が並行して進んでいったのだろう。だからこそ、テクノロジーが生み出すコンバージェンスについて考えることぬきにダイバージェンスとコンバージェンスをつなぐコミュニティのあり方を考えることはありえない。4人の議論は松島による問題提起から始まった。

松島:
「コミュニティ」とは、分断された社会と個人をつなげる存在のはずです。しかし、ある種のコミュニティは近代化や西洋社会の成長、資本主義の広がりによって一度解体されてしまったと言われています。テクノロジーを活用すること、あるいは個人の意識を変えることで、失われたコミュニティをつくりなおせるのかというのが今日のひとつめの議題です。「分断」という課題は去年のNEC未来創造会議で導き出されたものでもあります。

江村:
もともとは「人が生きる、豊かに生きる」という話をしているなかで、分断というワードが出てきました。そのなかで「便利にはなっているけど、豊かになったのか?」という議論に至り、スプツニ子さんが「無駄のバリューアップ」と仰っていたことが印象的で。便利になった一方で無駄の価値は無視されているのは、分断が生じているからじゃないかという結論に達したのです。

塩沼:
快適になったがゆえに、自己中心的な考え方が増えてきたのではないかと思います。自分さえよければいいという考えが分断へつながっているのではないかと。

松島:
快適になったことで、かえって個々人が自分のことに執着するようになってしまったわけですね。

ドミニク:
社会的分断については、いまに始まった話ではないですよね。たとえばインターネットによって自分の見たい世界しか見えなくなる現象は、イーライ・パリサーが「フィルターバブル」という言葉をつくって2011年の時点で指摘しています。ただ、2016年の米大統領選挙以降この言葉が非常に切実な意味をもってきたといえるでしょう。

松島:
まさしくそうですよね。

ドミニク:
いまやフィルターバブルは万人に自分だけのフィルターをもたせるのではなく、非常に強い画一化を引き起こしてしていて、原始的な二項対立の分断が生じてしまった。本来人間は自律的になにかを考えて自分で価値を判断するべきなのに、人類は大きく退行してしまっているのです。さらには人間の意識がより快適で安全安心な方向ばかり求めていった結果、意識が肥大化して「意識でっかち」とでも呼べるような現象が起きている。とくに先進国では無意識や身体的な感覚が軽視されてしまっているように感じます。それと同時に「数値信仰」とでも呼ぶべき状況も発生しています。文化人類学者の松村先生の『うしろめたさの人類学』でも書かれていましたが、うしろめたさのような感情が無意識的に湧いてくる状況を日本のような先進国の人々は「経済ゲーム」のように意識を変換して封じ込めようとする。すると一挙手一投足を“投資”として捉えられるので、うしろめたさにとらわれることもなくなる。ただ、すべてがパフォーマンスですべてが投資になるような世界で「人間の尊厳」なんて成立しえないですよね。数値化した世界では無駄がすべて排除されてしまうので冒険もできず、人は保守化していかざるをえない。

「フェイク」しないと生きてゆけない

松島:
2017年のNEC未来創造会議でケヴィン・ケリー氏が語っていたことが、奇しくもドミニクさんのお話とつながっている気がします。彼はマズローの自己実現理論をひきながら、現代は自己実現のあり方は多様になっている一方で基盤的な部分はテクノロジーによってコンバージェンスしていると語っています。たしかに基盤的な部分が効率化するのはいいことかもしれないし、それで自己実現がダイバージェンスされればいいのだけれど、実際はドミニクさんが意識の肥大化とおっしゃられているように、個人もコンバージェンスしているような気がします。

江村:
コンバージェンスのあり方はよく考えなければいけませんよね。みんなを同じ尺度で数値化していくような取り組みが社会基盤をつくってしまうと、少し違うのではと思っています。

松島:
人の「尊厳」みたいな部分は本来ダイバージェンスしなければいけないものなのだけれど、いまはそこにテクノロジーが入っていって数値化しようとしていますよね。しかもそれによって個人が自由になっているかといえば、そういうわけでもない。今回の課題意識はそんな部分にもあるのかなと思います。

江村:
医療費や教育費が無償化するような意味でのコンバージェンスが実現して社会基盤が整備されるのはいいのかもしれませんが、いまはむしろ個人をどんどん測って数値化するような方向性に進んでしまっていますね。

ドミニク:
そうですね。ぼくは数年前から大学で若い学生たちの指導を始めているのですが、危機感をおぼえていて。一番ショックだったのは、20〜21歳くらいの若い人々が就職活動に対してものすごく絶望していることでした。SPI検査や適性検査といった就活のプロセスのなかで個性が歯車によって砕かれていきながら、彼/彼女らはそのうえで個性があることを「フェイク」することが求められているわけです。

ドミニク:
就職活動に向かって全人生がコンバージェンスしているのだと。なんとかみんないい企業に入ろうとするのだけれど、その過程のなかで自分の存在が数値化されていく感覚があるようです。そのコンバージェンスから脱線しようものなら生存できなくなると考えているし、まわりの人々からも反対されつづけている。

塩沼:
挑戦しにくい感じになったのかな?

ドミニク:
そう。挑戦しにくいと思っているようです。

どうすれば遠回りできるのか

松島:
インターネットによってみんな自由になってノマドやフリーランスでも生きていけるといわれていますが、こと大学生くらいの人たちに限っていうと、本当に保守的になってしまっている。それはぼくら大人が見えている変化と若い人たちが感じている生きづらさのあいだに乖離があるのかもしれません。

江村:
大学の教育も本来は個のダイバージェンスをどう引き出していくか考えられるべきなのに、いまのような偏差値社会だと勉強する学問領域さえも点数で選択肢が狭められてしまうことが少なくないわけですよね。コンバージェンス側のおおらかさが失われている。

松島:
ローカルなコミュニティがあったころは、進学ひとつとってもダイバーシティがあったわけですよね。大学に行く人もいれば中学を卒業して働き始める人もいる。でも、いまはコミュニティ不在のままそのまま大学や高校に来てしまって、ダイバージェンスにたどり着けない子がたくさんいるのではと思います。

塩沼:
もう、家庭の教育の問題かもしれません。家庭の教育から崩れてきている。特に先進国なんか、みんな均一じゃなきゃいけないようなムードがあるでしょう。子どもが産まれたらいい小学校に入れることになっていて、なんでいい小学校がいいかといえば、いい大学に入るため。それでずっと勉強させるのだけど、その先の夢は見えていない。それは個人の力がなくなってきているということだと思うのです。本来は個性に合わせた教育をしていくことによって、いつかそれが花開いて、みんなが「あいつ凄い、ワオ!」となるところでリスペクトされるはず。とくに日本ではワオ!と驚くような人が少なくなったような気がする。

松島:
なるほど。ウェルビーイングの観点からみても、日本はGDPが上がっているのに幸福度が上がっていなくて。そういうふうに人を驚かせるようなものって、ある種人間がもつ「強さ」から生まれると思うのです。現代では弱くなってしまっているけれど、人間がもともともっている強さをいかに現代社会に取り戻すのかというのも大きな問いのひとつですよね。

塩沼:
わたしはお坊さんなので選択肢がふたつしかないのです。ひとつが簡単に早く行ける道。もうひとつは遠回りで面倒くさい道。後者で繰り返し挑戦していることによって見えない人間力みたいなものが育ってくるのだけど、前者ばかり進むと育たない。

松島:
まさに先ほど江村さんがおっしゃっていた、「無駄のバリューアップ」にも通ずるお話ですね。いまテクノロジーは効率化して最適化して楽にいく方向に人間を誘うものになっています。それはたしかに困難なものを楽にしてもらう意味ではメリットがありますが、果たしてそれだけでいいのか。人間の力強さみたいなものは本来遠回りして時間をかけることでしか育たないはずで、その力強さまでも効率化や最適化の尺度から捉えてしまっていいのか考えなおす必要があるのだと思います。